忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765]  [764]  [763]  [762
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

paradaisu
トトと呼ばれた一人の映画監督は、親同然の老人アルフレッドが死んだという知らせを聞き、30年ぶりに故郷のシチリアの小さな村に帰ってきた。
かつて、そこには村唯一の娯楽施設である映画館があり、子供から大人まで、人々の成長をそばで支え続けていた。
その映画館で働く、アルフレッドとともに過ごした幼少から、青年期、そして別れを静かに思い出す。

人生で一度は見ておきたい映画と言われているので見てみたが、噂通りの面白さ。

一人の少年トトの映画を通じての幼少期から晩年までを見事なまでに描いており、その時間の流れに思わず涙を流さずにはいられなかった。
所々下ネタもあったりするが、思春期の男性を描くには必要であると思うし、また、見てて微笑ましくもある。
物語はトト主体に動いているが、周りの登場人物も非常にコミカルに描かれており、主人公を味を薄めず、強めず、絶妙なバランスで劇を盛り上げてくれている。

今回はノーカット版を見たが、なんだか間延びした感じを受けた。
ひょっとすると、尺の短い劇場版の方が綺麗にまとまってそっちの方がいいのかもしれない。
今度はそっちを見てみるとしよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ニュー・シネマ・パラダイス (映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」)
ニュー・シネマ・パラダイス (1989)今回の映画は、「ニュー・シネマ・パラダイス」です。本作「ニュー・シネマ・パラダイス」は、戦後間もないシチリアを舞台に、老いた映写技師と少年との交流を描いた人間ドラマです。監督は「明日を夢見て」「海の上のピアニスト」の...
URL 2009/03/13(Fri)08:26:10
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]