忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DDDDC
ついに現れた、大統領のスタンド!
なんと、違う次元から自分自身やものを引っ張ってこれるといった能力だそうだ!

しかも、同じ人間が同一世界にいることはできない(能力をもつ大統領はのぞく)から、相手を引きずり込んで消滅させることができるといった攻撃もできる。
ぶっちゃけ、強くね?
今までのボスは時間関係の能力だったけど、今回は時空関係とは・・・。
いや待てよ、時空もある意味時間だから今回も一応時間関係になるのか。
にしてもすごいぞ、この能力。パラレルワールドを操る能力とか。ほかの作品にいたかなぁってぐらい珍しい能力だし。勝てる気がしないよね。

てか、ほんとにどうやって勝つんだろうか?ジョニィは?
PR
http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/

藤子・F・不二夫大全集がでるだって!!
ジャングル黒べぇ収録だって!
オバケのQ太郎も収録だって!

買います!買います!

しかし、これは何冊になるのでしょうか?
某スレでは90冊超えるとも言われていますが、もし本当にそうなら家に置くスペースがない。

これはピンチだ。
楳図かずおパーフェクトやドラゴンボール完全版もその理由で買うのを半分渋っているので、今から場所確保の打開策を考えなきゃならないです。
というか、むしろそんなことはどうでもよくて、本の装丁や全巻購入者に送られるFノートの方が気になりますね。見やすいソフトカバーなのか、豪華なハードなのか。個人的にはハードカバーで装丁にもだいぶ凝ってほしいと思っているのですが、楳図かずおパーフェクトのような無茶苦茶名物は勘弁して欲しいです。大きさA5サイズ。うーん、でかい。
こいつはでかい。ひょっとすると、分厚さも論文レベルになるかもしれない。今週発売のビックコミックに載っている広告に詳しいことが書いているらしいんだけど、早くみたいなチキショウ。

で、今思ったことは、TPボンの復刻本を買わなくよかったってことです。
洗礼

楳図かずおの洗礼を読んだんですが、怖すぎでしょ。
楳図漫画で初めて恐怖を感じた。今までみたのは幽霊や得体の知れない生物が襲ってくるものだったので、怖さは感じなかったのですが(俺の感覚で)この作品は身近な人間の狂気で脳手術といったリアルな行為が背中をゾワゾワさせてくれました。
特にこの作品はキャラクターの顔がいつもより怖い。
主人公のさくらが恐怖の表情を浮かべるときとか特におまえの方が怖いっちゅうねんって思うほど。

脳手術のところで終わっているので続きが楽しみ。
AKIRAの原型と呼ばれている童夢を読んでみた。
うーん、なんともいえない漫画ですね。
団地の中で起こる超能力者同士の戦いを何も知らない第三者の刑事達を交えて描いているんですが、どうも表現がイマイチなところが多い気がします。
例えば刑事たちが部長の話してる最中に突然立ち上がって、重要なセリフを聞いたような顔をするんですが、そのセリフがどうかんんがえても重要なセリフじゃないし、次のコマだと普通の顔に戻ってるんです。
あのシリアスな顔は一体なんのって話ですよね。
そういうところの書き分けがこの頃は未熟であったんじゃないかな?って思います。

背景とか、瓦礫の書き込みはこの頃からものすごいですね。
随所で言われているどうしたらこんな構図がけるんだってコマがあるし、壁に衝撃が走るシーンとか凄い書き込みの量。



蟲師
古からの生物、蟲が関わる事件を解決するギンコの旅もこの巻で終了。
最終回らしき話が一応ないのは、いつでも再開できるという作者から読者へのメッセージなのか。

いつもながら、どの話も面白いが個人的に気に入ったのは、時間がループする話だ。

ある男が蟲に囚われて、同じ人生を繰り返し生かされてるという内容で、その男はもう同じ人生を生きるのを辞めたいと感じ、蟲の誘惑を振り切る。しかし、その後、妻が崖から落ちて死に掛けてるのを見かねて、自分から妻と一緒に蟲の中に入る。妻のためにあえて、永遠に繰り返す人生を選ぶ、因果の鎖に縛られた悲しい男の物語に涙を誘う。


小泉さんがブッシュとかと麻雀をする漫画。

あなたはそんな漫画の存在を信じますか?

その名も・・・


小泉ジュンイチロー元総理>

ムダヅモ無き改革



そっくりさん?いえいえ、本人です。ちゃんと、国会にも行ってるし、外交だってしてます。ただ、その外交というのが麻雀なんですが。
勿論、小泉さんだけじゃなく、杉村タイゾー、佐藤ゆかり、そして今話題のこの方

ローゼン麻生!

「麻生タロー外務大臣」

も登場しちゃいます。

「さぁ勝負を続けようか 来なよドサンピン」
「どこ見てんだい 高えほうだぜ」

なんて、名言を惜しげもなく疲労してくれちゃうこの凛々しい顔。
本物がかすんで、あ、この人、本物でしたね。

麻雀漫画なんですけど、ギャグ重視なんでそこら辺は期待しないほうがいいです。(たまに間違いもありますし)

何でも、近々、近代麻雀誌上で新シリーズが連載されるそうです。楽しみですね。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]