忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お元気ですカァ

遭難事故で失った恋人への思いから、彼が昔住んでいたという小樽への手紙を何気なく出した博子。
あて先の住所はすでに国道で潰れているはずで、本来帰って来るはずのない返事だが、ある日博子の下に見慣れた差出人の名前を書いたの手紙が。

死んだはずの恋人”藤井樹”からの手紙、その正体は同姓同名の女性で彼の同級生からだった。
奇妙な偶然から生まれた出会い、一つの手紙が二人の女の恋を思い出させる。

一つの手紙の誤配により、本来出会うはずのなかった二人。
その二人は偶然にも一人の男性と出会っていた。

まず、本作のヒロインである博子は失った恋人のことが忘れられず、
新しい恋人秋葉のアプローチを中々受け入れられない女性である。
彼女は、何気なく出した手紙により、恋人”藤井樹”の知られざる中学校い時代を知り、彼の過ごした時代の風景を文面から思い浮かべ彼への思いをさらに深めるが、最後は彼が死んだ山に向かって叫ぶことで過去から解放されていく。

次に、もう一人の主人公、博子の恋人と同姓同名である藤井樹。
樹は、母と祖父の三人でぼろい一軒家に市立図書館の司書をしながら暮らしている。彼女は見覚えのない差出人からの手紙によって、中学校時代自分と同じ苗字名前の少年のコトを思い出す。同じ名前だからといわれてから変われたあの日、図書委員に一緒に推薦されたあの日、誰も借りない本の貸し出しに記録の最初に自分の名前を書くことを趣味としていた少年のコト、そして、父の葬式の後に転校していったあの少年のコトを・・・。

解放と再帰の2面性を持つこの二人の女性を、同じ女優さんが演じているのは面白い。
過去の初恋の人の面影を持つ人に引かれた藤井樹。
その一人の男性によって出会った二人。

3人の人間の運命とそれを取り巻く人間模様が見所。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]