忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は人形になりたくなかったんだものぉ!!

―草薙素子が去ってから、4年。
少女型の愛玩用ガイノイドが所有者を殺害し、自らも電脳を初期化して自害するといった怪事件が発生していた。
害者の中に政治家や元公安関係者がいたことから公安9課で捜査を担当することになり、公安9課のメンバーであるバトーは、新しい相棒のトグサとともに捜査に向かう。


GHOST IN THE SHELLの続編。原作の一部の話をベースにしてるが、押井節である、哲学がふんだんに混ぜ込まれていて、わかる人にはわかるが、わからない人にはさっぱりわからないお話になっている。

人間と人形の境目は何処にあって、なぜ人間は人形に憧れを抱くのか?と言うテーマ、それに加え、セリフ中の引用などがさらにこの物語の難易度を上げている気がしてならない。
・・・とこの作品の難しさを訴えたところで、言いたいことは私はこの作品がかなり好きだということ。さすがに、前作を越えたかと言うと難しいところだが、美しい映像と挿入歌、また、取り上げてるテーマなど、まさにオレ好み。

全身がサイボーグであるバトーは脳さえオリジナルでなければ、人形と同じだが、しかし脳があればなぜ人形で無いと言えないのだろうか?

また、ゴーストを埋め込まれた人形は人間で無いと言えるのだろうか?
もし、彼らに声があれば・・・おおっと、登場人物のセリフを引用してしまいましたね。

難解な話の上、前作を見ていないとわかりづらいので人には薦めづらいが、人形と人間の違いに疑問を持つ哲学スキーの方は是非。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]