忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24人のミリガン
24もの人格を持つビリー・ミリガンについて書かれたノンフィクション小説。
多重人格(解離性同一性障害)というものは、近年でも日本でなじみの深いものになってきており、その存在を漫画やアニメなど創作物の中で知る存在も多いだろうと思うが、中には実際の病気であること知らずに、勝手に都市伝説化してる人も多いと聞いた。
そんな多重人格であるが、本来は子供の時の性的虐待などにより引き起こされるもので、本作品のビリーもその一人である。
彼の中には、ユーゴスラヴィア人のレイゲンやイギリス人のアーサーなど、それぞれ憎悪や痛みなど、肉体の機能を引き受けてくれる、年齢性別がバラバラな人格が存在する。
この話は、彼の人格の一部が暴走し、キャンパス内でレイプ事件を起こしたところからスタートする。

この小説を読む前は、我々も感情によっては一種の多重人格であると考えていたが、彼の人格の個人個人にちゃんとした自我あり、個別に記憶を持つところから、逆に我々の人格は複数の人格が、何か強大(記憶)な結びつきによって一人であると認識しているだけではないのかと思うようになった。っでためしに調べてみると、どうやら自我同一性というものがこれに当たるらしい。
ということは、我々は精神的に一人の人間を演じている劇団員達なのではないか?

彼らは人格を交代するとき、スポットに立つという言い方をし、残された人格は、ベッドの中で眠っているか、そばの暗闇に潜んでいるのだと言う。もしかして、眠るっていうのは誰もスポットに立っていないと言うことなのではないのか?なんて思ったが、実際はどうなんだろうか。

本書は判決後のビリーの様子まで書かれ、その後は続編である「ビリー・ミリガンと23の柩」に続く。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]