忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブロンドだってやれば出来る子なのよ!!

上院議員の息子である彼氏に「ブロンドは結婚相手としてふさわしくない」と振られてしまったエルは持ち前のポジティブシンキングで、彼と同じロー・スクールへの入学を決意する!

「ブロンド娘はバカ」というアメリカの偏見をジョークとした、ドタバタコメディ法廷もの。全身ブランドに身を包んだ彼女は、法律には何の縁もなさそうだが、持ち前の直感と判断力にかけてはずば抜けて高かった。

そんな彼女が何の因果かロー・スクールに入学するのである。
もちろん、前述のブロンド(略)の偏見と見た目のピンクピンクのせいで、先生やほかの生徒たちからはバカにされまくり。しかし、持ち前のポジティブシンキングはここでも発揮。必死に勉強して、みんなに認められていくのである。

どうでもいいが、パーティを仮装パーティと騙されてバニーガールの格好で行っちゃうのはブリジットジョーンズに影響を受けてるんだろうか?
向こうは母親の勘違いだったけどさ。

依頼人の信頼を得ることが長所だとされてるけど、今回の依頼人がたまたま自分の知ってるファッション関係者だったからで、全然関係ないおっさんだったらどうだろう?俺は無理だったと思うけどなぁ?

オチはなんか、手抜き感が出てた。明らかに場面を繰り返して尺を稼いでたし、エルの最後の言葉もなんか陳腐。
脚本家は相当時間が無かったか、特に考えてないに違いない。

でも、元彼を振る所は面白かった。
「30までに法律事務所作りたいから、パートナーは頭のキレる人じゃなきゃ」

まさにしてやったりである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]