忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スパイダーウィックの謎
本日は映画の日。というわけで見てまいりました。

あらすじ
古い屋敷に越してきた母、姉、双子の4人。
家族間の問題を抱えながら引越しの準備も終わり、一息ついていると
あちこちの壁から謎の音が・・・。
何も関心を示さない他の3人とは違い、ジャレッドはその音の正体を突き止めていくうちに、秘密の部屋と一冊の本を見つける。
その本には読んではならないと警告が貼られてあったがジャレットは無視して開けてしまい、あたりが突然どよめき始めた。
その本は、彼の大叔父が自らの人生を懸けて集めた妖精の図鑑であり、マルガラスと呼ばれる悪い妖精が狙っていたのだった・・・。


主演はチャーリーとチョコレート工場の子で一人二役だそうだ。
へぇ、気づかなかった。てっきり、双子をキャスティングしたのかと思った。
そんな頑張りには申し訳ないけど、まだ演技がイマイチな気がしてならない。へんな所で笑うとか、ちょっと不自然なところとかが見受けられた。

いい妖精とか悪い妖精とか言ってるから、
てっきり、かわいい妖精が出てくるのかと思いきや、トロールやらゴブリンやら気持ち悪いのばかり出てきて、かわいいのと言えばほんの数コマ程度しか出なくて、なんか騙された気がする。
まぁ、トロールさんはカッコよかったけどね。

ラスボスのマルガラスは変身能力豊富という設定のクセに、蛇とカラスと老人ぐらいしか変身しなかった点がブレイド3の始祖ヴァンパイアと被る。
強さも正直へっぽこだしなぁ。食べられて終了ってどうよ?

スパイダーウィックと娘の設定はなんか取ってつけた気がして、何も感動できなかった。というか、125歳ぐらいなら塵にはならんでしょ?

正直つまらなかった。子供向けにしては中途半端な気がする。
もうファンタジーはだめなのか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]