忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日見た映画
ダコタのかくれんぼ

母の自殺により、心が傷ついたエミリー(ダコタ・ファニング)を見かね、父であるデヴィッド(ロバート・デニーロ)は郊外の家へと引っ越すことを決意する。

引っ越して早々、隣人やエリザベスという親切な人たちに恵まれるが、
バスタブに謎の文字が書かれるなど家の中では次々と奇妙なことが起こリはじめた。
エミリーを問い詰めると、それは友達のチャーリーがやったと言い張る。
デヴィッドは、チャーリーとはエミリーが頭の中で作り出した幻のことであると考えるが・・・・・・。


ちょっと、ちょっと!
オチが在り来たりなんじゃない?
始まってから30分で読めちゃったよ。
もうちょっと、ばれない様に手の込んだ心理誘導をやればいいのにね。
明らかにサブキャラのキャラ付け不足が否めない。
隣のおじさんとか、もうちょっとストーリーに絡んで欲しかった。

2通りのエンディング、劇場公開版の方はエミリーも二重人格で
あるという暗喩。(母親の死により人格が分裂。人形を壊したエミリーと
EDのエミリーは別人格?)

もうひとつのエンディングの方は、実は夢オチでした^^のパターンか。


見所はダコタ・ファニングの演技。後はいいや。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]