忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2大クリーチャーの死闘再び
本日見てまいりました。監督は前作、ポール・W・S・アンダーソンから、コリン&グレッグ・ストラウス兄弟にバトンタッチ。
監督変わったんだから、前回よりはマシになってるだろうな、手かなってないと困るなぁ~、まあ、どうせタダだからいいや。なんて、軽い気持ちで見に行ったんだけど、うん、前回よりはマシだ。

物語は前回のラスト、プレデターの体から出てきたチェストバスターは瞬く間にプレデターの宇宙船を乗っ取り、アメリカのコロラド州に落下する。
プレデターとエイリアンの特性を引き継いだニューエイリアン”プレデタリアン”は無数のチェストバスターとともに、獲物を駆るため近隣の町へと進出していった。一方、宇宙船の異変に気づいたプレでターは、エイリアン狩りを専門とする”ザ・クリーナー”を地球へ派遣する。
といったストーリなわけです。コロラド州と聞いて、サウスパーク?と思った私はすっかり洗脳されておりますね。
今回のプレちゃんは前作のヒヨっ子たちとは違い、プロのハンターなので滅茶苦茶強い。いわばデューク東郷ですよ。肩のプラズマキャノンは二丁、槍に、エイリアンの尻尾で作った鞭、レーザー銃に御馴染みカギ爪、手裏剣と多彩な武器でエイリアンたちをチートモードで始末していくわけです。でも、自分で貼ったバリアのせいで追い込まれたり、証拠隠滅が目的なのに、保安官の生皮剥いじゃったりとおチャめさんな点も・・・・
ドレッド・エイリアン

対する、ニューエイリアンである”プレデタリアン”(アルバトロスのZ級映画のコトではない)。上の写真を見るとわかりますが、ドレッドヘアにカニ顎とプレデターの遺伝子を受け継いでるのがわかります。
このドレッドリアン、繁殖方法がちょいと特殊で人間の女性にディープキスして、子宮に寄生させるといったグロイ奴。
それに、なぜか頭もいいのか、攻撃をヒラリヒラリと避けたりも。
でも、こいつの息子はプレデタリアンじゃないのはなぜ?

この2体のラストバトルはとにかく熱い。全武装を使い切ったプレデターは恒例のお面を外して肉弾戦モードに突入。
互いの体を引き裂いたりして相打ちになりかけた時に、バタリアン落ち。
結局、核は強かった。

プレデターの銃は日本企業ユタニさんに渡された模様。コアなファンには溜まりませんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]