忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は一体何歳まで生きれるのだろう?

80歳か、はたまた50歳辺りで死ぬのか。

近年、日本人の平均寿命は増加の一歩をたどっていっているらしいが、
果たして私もその一員となれるのだろうか?

もし、好きなだけ生きれるとしたら、私は900年は行きたい。
そこまで生きれば、何も未練がなく死ねそうだから。
むしろ、そこまで生きないと、死の恐怖を克服できなさそうな気がする。
私の周りの人たちは、何歳まで生きたいと聞くと、大抵の人は50歳で十分だと答える。正直信じられない。天国、はたまた、輪廻転生でも信じているのか知らないが、そうまでして今の人生を早く終わらせたいと考える気持ちがわからない。不満なのか?それとも、自分の意識が消えるというものがどういうことなのか、解かっていないのだろうか?
今まで経験してきたものが、全て無くなってしまう。
これほど恐怖を感じることはないと思うが・・・

そういえば、英語の時間に習ったことだが、某地方にはかなり長く生きる人たちがいるとか。100歳で子供を生んだり、200歳まで生きた記憶もあるとか言われてるらしい。
正直うらやましい。しかも、科学技術の恩恵なしでとのことだというのだから、素晴らしいと言わざる終えない。
自然に生きるだけで、これほど長く生きられるのだから、科学の恩恵を受ければ、寿命400歳なんて簡単なもんだと思う。(勿論、もう少し科学が進歩すればの話だが)

人間が死ななくなるのもそう遠い話ではないのかもしれないな。

(注意:ここに書かれているのは全て私の意見であり、絶対ではありません。なので、間違ってる場合もあります。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
それなら
っ[石仮面]

人間死ぬ間際、死ぬときになって初めて恐怖を感じるモンですよ。
もしかしたら永遠に使える電池が作れるけど作らないのと同じかもしれんよ。
赤い 2006/10/26(Thu)18:38:18 編集
あ・・・・ミディアンになりてぇ・・・
俺は人間を止めるぞ、ジョジョ!
あ、でも太陽の光が弱点だし・・・・・
究極生物になるしかないなぁ

うーん、死の床に付する直前になるまで恐怖を感じられないなんて、
人間ってのはある意味鈍感な生き物ですね・・・。

電池の例えは・・・理系だからよく理解できない、ごめんなさい。
ミスDIO URL 2006/10/26(Thu)19:13:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]