忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こないだ見た映画。
キザ車

全てのレーサーの憧れであるピストンカップで初の新人優勝を狙うライトニング・マックィーン。そんな彼は決勝レースの会場「ダイナコ400」へと向かう途中、トレーラーとはぐれてしまい、今は寂れた街「ラジエーター・スプリングス」へと迷い込んでしまう。最初は、町の住民をバカにしていたマックィーンだが・・・・。

一匹狼のレーサーが徐々に仲間の大切さに気づいていくという、内容としちゃ普通の作品。その普通の作品を車を配役に置き換えるだけでなぜこんなに面白くなるんだろうか?

画面には見渡す限りの車、車、車。飛んでる虫さえ、車、車、車。
他の生物は一切出てこない。まさに車だけの映画である。
そして、この車たちピクサーお得意のCG技術で実写じゃない?ってぐらい良く動く。ライトが光ってればボディーが光るし、クラッシュすれば部品が飛ぶ。ホントに良く出てきている。流石ピクサー。
ところで、吹き替えだと劇中に日本語が出てくるけど、あれはわざわざ別に作ったのかな?本訳の方を見てないからわからないんだけどね、もし訳ごとで映像を別に作ってるんだったら、細かいなぁって感じ。

物語の方だけどキャラクターが車なのだから、あのレースを人間に置き換えると陸上競技。つまり、この映画は陸上競技の映画ということになる。
陸上競技・・・・陸上競技の映画ってなんかあったかな?
マラソン?あれはなんか違う気がする・・・・。
劇中、ヘリコプターが登場していたけど、トラックが喋るってコトはヘリコプターも喋る?でも、目玉らしきものは付いてなかった。
ということは、車がヘリコプターを操縦してるってコトじゃ?
なんか、変な世界だな。機械が機械を操縦するなんて。

今回もまたNGシーン集がなかったが、過去のピクサー作品のパロディームービーが見れたからいいかって、言うと思ったらチョい間違い。
やっぱり、俺としてはピクサー=NGシーンっていうものが心の中で確立されているわけですよ。
ピクサーさん、今年公開の映画では是非お願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]