忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こないだ見た映画
公衆電話

自称超一流のパブリシスト、スチュは今日も同じように一台の公衆電話から新進女優パメラへと電話をかける。いつものように彼女を口説くためだ。だが、今日は何か違っていた。突如公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ったスチュ。すると、電話の主は「電話を切れば殺す」と囁いた。

映画にしては珍しい81分の内容。
だが、そんな時間だとは思わせないほどの手に汗握る駆け引き。
どうなるんだ?これって思わせるほどの先の読めない展開。
この携帯の時代にあえて、公衆電話という密室でない密室をテーマにした
ハラハラドキドキの本格サスペンスである。

口だけで乗り切ってきた主人公。妻に後ろめたさを感じながらも他の口説こうと公衆電話に入ったのがこいつの運の付き。街の番人を自称するスナイパーに目を付けられてしまう。何とか交渉しようにも、上手くいかず遂には警察まで呼ばれてしまったからさぁ大変。
無実の罪を着せられそうになりながらも何とか機転を利かせて脱出しようと試みる主人公とそれをあざ笑う犯人。
無駄に間延びしたシーンがないため、ストーリーはさくさく進む。
それが物語の緊迫感を視聴者に感じやすくしている。

物語の最後はユージュアル・サスペクツのカイザー・ソぜのように悪役が逃げ切って幕が閉じるのもまた一興。

Opテーマの妙なテンポの軽さもツボ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]