忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日?見た映画。
がめら爆

「私はガメラを許さない」
4年前、ガメラに両親と飼い猫を亡くした少女、比良坂綾奈は奈良の洞窟の祠で甲羅の形をした勾玉を発見する。それは、邪神「柳星張」を封印したものであり、綾奈は孵化した柳星張に自分の飼い猫と同じ名前「イリス」と名づけ育てるが、ガメラの憎しみで同調したイリスに融合されそうになる。間一髪、同級生に助けられた綾奈を追い求めるかのごとく、村の人間を食って急速成長したイリスは京都へ。
その動きを察知してガメラも現れる。
今、京都で2大怪獣の戦いの火蓋が切って落とされる。


前編通して、棒読み集団のオンパレード。
なんで、こんなに酷い演技が出来るんだって具来酷いぞ、こいつ等。
特に、後半出てくるロンゲのおっさんの棒読み具合はねぇ、なんかむかつく。ここらへんはゴジラを見習って欲しい。

肝心の怪獣同士の迫力はなかなか、イリスとのドッグファイトはガメラならではの迫力がある。
イリスの造形も合わせて中々見ごたえがあった。
このイリスの造形がネェ、もうすごい。
ギャオスの面影を残しつつまったく別の怪獣になってるんだもの。
まるで天の羽衣と蛾を組み合わせたような、見事な一品ですよ。
それに演出の見せ方もいい。夜に雲の上へ上昇する
月をバックにしたイリス、想像するだけでカッコいいでしょう?

対するガメラも甲羅が棘棘になったり、凶悪面になったりと、ホントに地球の守護神かってフォルムです。怪獣界のダークヒーロ。
でも、今回は影が薄い。今回で完結編なのに、あんまり場面に出てこないんだもの。

屋内戦はなんかあっさりしていた。
最後のガメラフィンガーのせいかもしれないね、このあっさり感は。

ミイラになった仲間由紀恵に乾杯。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]