忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サマーウォーズ
OZというシステムが社会の基盤としてできている近未来の日本。
健二はあこがれの先輩の婚約者役として、先輩の実家である長野のおばあちゃん家に行くことになった。
大勢の親戚たちに囲まれて、嘘がばれないか冷や冷やするが、今まで味わったことがない家族の交流に悪くない気分になる。しかし、携帯に謎の数字の羅列が書かれたメールに回答を送ってしまったことで、家族とそして世界の危機に陥ることになる。

なんとなく、ウォーゲームの香りが漂う作風。今年の夏ではかなり当たりな部類に入る映画じゃないかなぁ?

人工知能のサイバーテロを大家族全員で立ち向かうってのがいいねぇ。
中でも、おばあちゃんが発する言葉一つ一つがなんだか今の自分に身にしみた気がした。
そして、そんなおばあちゃんの言葉に感化してがんばろうとする親戚たちにすごく好感が持てた。
おばあちゃん子には涙腺がやばい映画です。特に途中、予期してたけどあんな展開をいれられちゃ泣かずにはいられない。アニメで初めて、人がぽっくり逝くシーンをみたかもしれないなぁ。

後半のラブマシーンとの戦いは、やっぱり盛り上げ方が上手い。人工知能と大家族の知恵比べ、ほんとに見ていて面白かった。城の城壁に閉じ込めて、水攻めで後一歩で倒せるところを巨大化。これはアニメのお約束ですね。その後の、花札対決から人工衛星墜落、はたまたキングカズマの大活躍で鼻血ブーといった流れを誰がありきたりと言えようか?見せ方もとにかく上手い。ラブマシーンの阿修羅的なデザインもさることながら、奪い取ったアバターを吸収して後ろの光輪をかっこよくさせると行った行為。いいねぇ、嫌いじゃないよ。


これほど終わるのが惜しいと思った映画は久しぶりかもしれない。
見てない人は是非とも見てほしい作品だと、断言できるものですよ!これは。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
サマーウォーズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に目立ったイベントもなく、無駄に時間が過ぎていく夏休みなのに、、、何故か映画館に行く時間はとれない。子どもに振り回されっぱなしでおまけに得体の知れない毒虫に両足首を刺され(噛まれ?)、悲惨な目に・・・両足首が赤く腫れあがり、激しく痛み、歩けなくなり、高熱まで出て病院へ―治るまで抗生物質の点滴を毎日受けることになりました〜ということで、鑑賞予定だった『そんな彼なら捨てちゃえば』や『ナイトミュージアム2』を観に行くのが難ししくなってきたけど、コチラは怪我前に観ていました〜【story】天才的な数学力を持ちな...
URL 2009/09/07(Mon)19:57:07
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]