忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナルニア国物語


ぺペンシー兄弟は空襲から逃れるため、田舎の教授の下に疎開する。
兄弟の一人であるルーシーが、その家のクローゼットの中に入り込むと、
そこは白き魔女により100年間冬で支配された世界-ナルニア-に通じていた。
言葉を喋る動物であるナルニアの住民たちはひたすらに王アスランの帰還を祈り、語り継がれてきた一つの《予言》に希望を託していた。
そして、ぺペンシー兄弟は次第にナルニア復活の戦いに巻き込まれていくことをまだ知らなかった。

聖書の話をモチーフにしたイギリス児童文学書の映画化。

4人の兄弟が白い魔女の支配からナルニアを解放するといった話。
ナルニアの住民である動物達や、敵の獣戦士などCGが綺麗で見ていて爽快とは言わないまでも、かなり楽しめるんじゃないかと。
ただ、主人公のスペンシー兄弟の運命の受け入れの速さと強さに、なんだかコレよくわかんねーなって感じなんですが・・・。

サンタさんにすげー武器貰って、狼相手にビビリながら剣振り回してた男が、なんで急にこんなに強くなってるのかって理由付けが乏しい。
まさか、弟と稽古をしていたからそれで納得しろと言わんでしょうね?

妹が貰った弓も結局大した見せ場がなかったのはなんなんだろうね。原作も弓使うシーン少ないんでしょうか?

最後、元の世界に帰ってきたとき、主人公達は体は子供、頭脳は大人ってことなんでしょうね?

どうなるんですかね?現実世界で暮らしにくそうなんですが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]