忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マルコがいっぱい
売れない人形師のクレイグは、7と1/2階にあるオフィスで不思議なドアを見つけた。それは誰でも15分間だけマルコヴィッチになれる不思議な穴に繋がっていた。。。、

これは、もはや何処から突っ込んでいいのかわからないほど不思議な映画です。売れない人形師に、動物だらけの家の中、7と1/2階に存在するオフィス、言語障害の言語障害専門家、104歳のスケベ爺。
もうこれだけで十分話が作れそうだが、タイトルにもあるマルコヴィッチの穴はそんなもんどうでもいいようなほどイカれた(褒め言葉)設定。

実際の俳優であるマルコヴィッチ(本人役)を15分間だけ体験でき、時間が終われば、高速道路のそばに空から降ってくる。ギャグです、これはぶっちゃけ狙ってます。
この穴を見つけた主人公は憧れの彼女と一緒に商売を始めるんですが、
妻が穴をくぐったら、性同一性障害であることをいきなり自覚しだして、憧れ彼女にベタぼれしだしたり(しかも彼女もまんざらじゃないんだなこれが)、マルコヴィッチ本人がその穴に入ったら、周りの人がみんなマルコヴィッチになったり、もうとても着いてこれない世界になってきました。だがしかし、映画は半分も終わってなかったのです。
主人公はマルコヴィッチの体を自由自在に操れるようになり、とうとう完全に支配しちゃいます。。さぁ、もうここからはマルコヴィッチさん本人の人格の出番はありません。
この肉体をめぐって妻とスケベ親父率いるじじババ軍団との駆け引きがあります。
これは一体何なんでしょうか?少なくともマルコヴィッチさんにとってこの映画は勘弁してくれっていうほどバッドエンドです。
ちなみに主人公はその次にバッド。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]