忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小畑絵の方が安いんだぞ!
-恥の多い生涯を送ってきました。

3葉に映った一人の男、少年、青年姿のその顔には何処かしら不気味な雰囲気がただよってる感じがし、老人の彼はまるで特徴がない顔立ちをしている。

その写真に写っている男-葉蔵-は幼い時から、人間を恐れ、他人に対して偽りの自分を見せるお道化を演じてきたのだ。
この道化という表現に私はものすごく惹かれた。なぜなら、それは仮面<ペルソナ>のことだからだ。
我々、人間は世の中で自分に正直に生きることが困難である生き物である。少なくとも、この日本という国はそうだ。
本能、本来の自己という存在は世に出ることは難しいし、排他されるべき存在であるとされている。
そのために、本来の自己とは別の、無・意識的に作られた偽りの仮面を被り続ける必要が出てきてしまった。
つまり、葉蔵は我々である。彼の場合、他人を世の中に恐怖している自己を見破られるのを恐れていた。そのために、彼は道化の自分という仮面を被り続けるしかなかったのだ。

また、この人物は日本文学では珍しくもファザコン(言い過ぎかもしれない)であるところも注目したい。
本来、日本人の男性というのは基本的にマザコンであることが多い。
なぜかは忘れた。ただ、卑弥呼などの女性の指導者が過去に存在していたこと、日本神話における太陽神は他の国では珍しい女神であること、
また、イザナミがカグツチを生んで死亡する事などその傾向は、各所に見られる。

なぜファザコンという設定にしたのかは、モデルが著者太宰治自身がファザコンだったのかは知らないが、普通の日本人男性とは違う異質さを際立たせるためか、または、多くの女性を心から愛せなかったのは父親に対する歪んだ愛のせいとする暗喩か?

道化を演じた男が、人間失格とまで転落するほどまでに歩んだ過程。
この小説を太宰治自身の遺書という人がいるが、私は一つの小説として見た。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]