忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画の中に
劇中に本屋、図書館が出てくる映画を紹介する珍しいところに注目した本。
図書館、本屋ということは文学的な退屈な映画ばっかり紹介しているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は意外と皆さんが見ているおなじみの映画にも図書館や本屋のシーンは出てきています。
例えば、「耳をすませば」なんて、図書館が重要な施設の一つとしてよく出てきますね。
勿論、ちょっと映画通じゃないと知らない映画とかも出てきますが、そこは映画紹介本としてネタバレしない程度に紹介されています。
しかも、よくある堅苦しい小さい文章ではなく、大きくて肩の力を抜いて見られる書き方をされているので、普段本を読まれない方も気兼ねなく見られると思います。
ただ、映画の紹介の際に類似映画の話が入る構成なので、最初は読んでる最中に?ッてなるかもしれません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「映画の中の本屋と図書館 -後編-」 (月灯りの舞)
「映画の中の本屋と図書館 -後編-」   飯島 朋子:著      (日本図書刊行会/2006.4.10/1500円) 図書館や本屋の場面が出てくる映画ばかりを 集めた本の後編。 前編は、比較的新しい映画が紹介されていたが、 後編は古い年代のものも取り上げている。
URL 2007/10/01(Mon)16:40:41
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]