忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日からの日々
地球温暖化による突然の異常気象により、世界は混乱していた。
人々は無事に明日の朝日を拝めるのか?

地球温暖化により世界は氷河期を迎えようとしていた。
この映画未見の人はなんでって思うだろう。
温暖化なんだから暑くなるんじゃ?ってね。
なぜ、こんな事態になるかというと、グリーンアイランドの氷が温暖化によって溶けて、
海中の塩分濃度が規定値を越えた時、海の水が冷えて異常気象が起こるってこと。(だったよ多分)
氷に塩を振ると温度が下がるって理科の実験でやったでしょ?
多分その原理だと思うよ。

で、最初に日本の描写が出てくるんだけど、出てくる人間がどう見ても中国人で東京の風景も中華っぽかった。
でも、看板とかはちゃんと日本っぽかったから、外国映画の中では頑張ってる方。

で、その東京に雹が振ってくるんだけど、この粒がデカイデカイ。
頭に当たったら軽く死んじゃうほどのでかさ。それが一杯降ってくるんだから溜まったもんじゃない。
この異常気象は他の国でも起きていて、アメリカでは竜巻が突如出現し、ビルというビルをなぎ払っていた。
さらには、大規模な大雨が降り、ニューヨークは半分水没。
人々は、州立図書館に立て篭るが、そこに再びハリケーンが・・・。
このハリケーンの目に入るとあらゆるものが凍結するスーパーフリーズ現象が発生してしまう。
この氷結の描写が面白く、まるで伸びるツタが如く建物全てを染めていくのだ。

州立図書館に残っている息子達を助けに行くため、単身雪の中を突き進もうとする父親や、嵐の中、最後の時を3人で過ごす博士達、患者のため一緒に待っている先生、次の世代のために知性の象徴である最初の活字印刷本を守っているおっさんなど、脇役から主役まで個人個人の生き方が書かれていて非常に見ていて面白い。
嵐が過ぎ去った後、人類はどうやって氷河期を乗り越えるのか気になるところだが、そこは想像で補完しておこう。

感動のED、なんと日本人が歌っているではないか。
歌詞の内容は映画にあってると思うが、英語のスタッフロールに日本語は何か違和感を感じる(声のせいもあるかも)。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]