忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

画像はDVDの奴

購入から約3年。ページをめくってもいないばかりか、果てには原作映画の方を先に見てしまうほど放置していたこのノベライズ。

映画との違いは、なにぶん見たのがずっと前でちょいと記憶があやふやなため数点のみしかわからなかった。

・犯行を起こす前のカルロスが出てくる。
・レッドフィールドの助手に名前がある。
・ラストがDVD特典のもう一つのエンディングのひとつにそっくり。

あと、エヴィンが車椅子生活を強いられる様になる前の過去の出来事で、トミーの描写が追加されていたり、ラストの日記を燃やすところのレニーの真情がうかがえたりとノベライズならではの点も。

元の映画が面白いせいか、ノベライズ版の出来も非常によい。
ただ、前も触れたがラストは断然映画オリジナルがよい。これだけは譲れない。
PR
豪華装丁
あの、人気作家乙一先生と我らが荒木先生の想像を絶するコラボレーション!
舞台は吉良事件後の杜王町を書いた第4部の外伝的内容。
この作品の前身であるテュルプ博士の解剖学講義』が一章だけ「読むジャンプ」に載って以来、五年間音沙汰が無かったが、ジョジョ20周年に花を添えるが如く、突如の電撃的発売!
今日早速買ってみましたが、装丁がものすごく豪華で、まるで高い辞書ののような高級感があります。
叩くといい音が鳴るんだこれが。
ページをめくると、メインキャラクター達が書かれた口絵が飛び出して登場。
帯にひそかに「強く引っ張ると壊れる恐れがあります。」と書かれていたので、遊ぶのは断念。
さっき、少しだけ見てみたら露伴の一人称が私になっていた。
私だっけ?ちょっと違和感があった。
また暇な時にちびちび読んでいこうと思う。

しかし、ジョジョ20周年で一番マシなものじゃないのかこれ?
(ディアボロは二次創作なので除く)
糞ゲー、ダメ映画、ゴミリカ、と散々だった20周年。
最後にやっとマシなものが出てよかったなぁ。

メイセリフ
シェイクスピアから永井愛まで古今東西の名作から31本の名セリフを紹介するエッセイ本。
演劇畑の人なので、紹介する作品は喜劇とか悲劇ばかりだからそれほど苦にならない。逆に、演劇にはこんなに面白いがあったのかと興味がわいてくるほど。この本で取り上げられてるソーントン・ワイルダーの「わが町」とか絶対見たいもん。そういう気持ちにさせてくれる文章は上手い。
(演劇家だから当たり前か。)

ただ、最後に紹介する作品が著者の演劇だったことはちょっとどうかと思った。
また面白そうな内容だから良かったが、これでつまらないもんだったら最後の最後で台無しだった。演劇家で自信家なのはいいことですが。

あとがきに売れたら2を作ると書いてあったが、見たところ出てないみたい。ということは売れなかったのか?それとも、今作ってる最中か?
気になるネェ。




映画の中に
劇中に本屋、図書館が出てくる映画を紹介する珍しいところに注目した本。
図書館、本屋ということは文学的な退屈な映画ばっかり紹介しているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は意外と皆さんが見ているおなじみの映画にも図書館や本屋のシーンは出てきています。
例えば、「耳をすませば」なんて、図書館が重要な施設の一つとしてよく出てきますね。
勿論、ちょっと映画通じゃないと知らない映画とかも出てきますが、そこは映画紹介本としてネタバレしない程度に紹介されています。
しかも、よくある堅苦しい小さい文章ではなく、大きくて肩の力を抜いて見られる書き方をされているので、普段本を読まれない方も気兼ねなく見られると思います。
ただ、映画の紹介の際に類似映画の話が入る構成なので、最初は読んでる最中に?ッてなるかもしれません。

シネマブック

映画を心理学的に解説する本。
ただの映画解説本としても十分通用する上に、あらすじの書き方がわかりやすい。
わからない言葉は、その章の最後にまとめて解説してあって、専門書を片手間にしなくて済む。
1999年刊行なので最近の人気映画などはあまり載せていない。
また取り上げられている映画も我々10代から見たら馴染みのないものが多い。だが、この本を機会に見てみようという気にさせてくれる。正しい映画紹介本の姿である。
今日は土曜日だと思ってました。
さんまのまんまの夢を見たからかな?
ゲストはあの車のCMに出てる・・・えー・・・と名前知らないや。

隣のおばちゃんに痩せたねって言われて嬉しい。

でも、さっき量ってみたら1kg増えてたんだよね・・・・

昨日のテリヤキのせいだな、絶対。





最近、心理学と哲学の本に凝っています。
キルケゴールとか、ユングとかその人の生い立ちも含めて紹介してある本って、読んでて面白くて好きですね。
読むのが遅い俺でも、一時間で40ページは読んでしまうほどに熱中。
続きが楽しみです。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]