忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は特に何をしたというわけでもなく、何について語るわけでもなくだらだらと書いてみようと考えた。いつもながらつまらない文章が続きます。

先日辺りに、ペルソナ2罪、ペルソナ3FES、ペルソナ4を購入。
ゲームをまとめて3つ以上買うのは今回で2回目だが、正直、何をしているんだろうかと自分でも思う。就職活動の準備中で、ゲームを、しかも寄りにもよって1番時間のかかるペルソナシリーズに手を染めてしまった。

罰に関して言えば、大国町までわざわざ買いに行ったほどだ。
ちなみに1は神社からまだクリアーしていない。

さて、そんな後悔先に立たずはどうでもいいとして、実はペルソナシリーズは3辺りからかなり毛嫌いしていた。なぜなら、金子絵じゃないからである。
しかし、腐ってもペルソナシリーズ。偶然、見たプレイ動画を見て衝動的に欲しくなったのである。
で、実際にペルソナ召喚イベント辺りまで進めてみた感想だが、なんだかまどろっこしい。バトル突入まで一時間近く時間がかかるのは少ししんどく感じた。昔はボイスありRPGっていいなぁと思ったけど、このゲームをして考えが変わった。RPGに声はいらない。

肝心の戦闘は中々気に入っている。まだ、召喚イベントで戦っただけだけど、あのダイヤル式にコマンドを選ぶ方式ってなんだかオシャレだ。
あと、モサモサしないスピード感があってストレスなく戦闘出来るのがいい。RPG嫌いの理由が一つ解消されていてかなり嬉しい。

あとは、仲間が加わってこれらの高ポイントが変わらないことを祈るばかり。



PR
近年、日本人の読書量低下が問題視されている。
その、影響として、ゲーム、パソコン、携帯電話など活字媒体以外に興味対象が増えているせいだという声があるが、同じ環境である欧米諸国ではこのような問題は起こっていないらしい。

これは、マスコミによるサブカルチャー批判にまんまと乗せられたのではないか?
よく考えてみると、ゲーム、パソコン程度で読書量の低下をするのなら、テレビが出た当初にすでに騒がれているはずだ。

私が考えるに、活字が紙媒体から液晶媒体に変わっただけで、実際は読書量の低下は起きていない。
現に最近は携帯小説なんかも流行っているし、ライトノベルなんかも人気がある。

日本語の乱れについてなんか、乱れという悪いみたいな表現を使うからいけない。変化していると言い換えてみるとかどうだろう。
江戸時代から、明治、大正、昭和と続いていった表現の変化が今起こっていると考える。

以上から、読書量の低下も日本語の乱れは些細な問題ではない。
ごちゃごちゃいう奴は、新しい時代に適応できない旧人類だ。
最近、無性にボールペンが買いたくてしょうがない。
文房具売り場に行くと、いつもボールペンかノートを一冊買ってしまう。

個人的には、三菱製が1番書きやすい。
握りやすさといい、太さといい、個人的にベスト。

インクも他のより持ちやす気がする。しかもお安いのがいいよね。

ノートは高いけど無印がお気に入りかな?
でも、極めていくとキャンパスがやっぱり最強だよなぁ。

ルーズリーフ閉じはマルマンがデザイン的に好き。キャンパスでもいいけど、やっぱりクリアーファイルっぽいのがいい。

ブリーフケースはエトランジュの奴が好き。
他はなんか気に食わん。

少しばかりずれますが、リプトンについている消しゴムのデザインが気に入ってます。
特に、ビームスの奴!絶対、3個ぐらい手に入れてやる。

どうやら3種類あるようです。
今日は信じられないものを見てしまった。
講義の際、ふと、前の女の子の携帯ストラップが見えたんだけど、そこには

まわしをつけたプーの姿が!!!


横綱
横綱と・・・
プー
プー・・・

なんという、ミスマッチ!!
黄色い熊が日本の回しを、しかもトレードマークの赤い服を脱いでつけるなんて!

これが、俗に言うニューウェーブとかいう代物なんでしょうか?

私にはさっぱりわかりません。
まだ、動物の格好をしたプーとか、ギリギリピンクプー辺りは許せるんですが、こればっかりはディズニー辺りはなんで許可を出したんだといわざる終えないレベルの代物です。
というか、誰が喜ぶんでしょうか?こんなもの。
相撲好きのプー好きに受けると思ってたんでしょうか?
こればっかりは、日本大好きな外国人辺りも、それはネェよな目で見られる、もしくは相撲が嫌いになってしまうかもしれません。重大な国際問題です。
本当に何でもかんでも混ぜてはいけないということがご理解いただけないのか。

まさに混ぜるな危険です。
eva+ライディーン
西暦2012年12月、東京。夕日が差し込む教室で、美嶋遙と神名綾人は2人だけで話をしていた。そこに、1人の女生徒…朝比奈浩子が入ってくる。彼女は手に持った手紙を隠し、去っていった。

その直後、帰省するため家族と東京を離れた遙の目の前で、信じられない光景が展開していた。東京が、"木星"…絶対障壁の半球に覆われていく。予期せぬ綾人との別れに、遙は絶叫する。

その3年後、東京。綾人が、そして全く変わらない何もかもがそこにあった。そこでは、東京以外の地球全土が滅亡したことになっていた。綾人は遙のことを忘れられずにいたが、その記憶も薄れつつあった。そんなある日、東京が謎の敵の空襲を受ける。

破壊されていく街をさまよう綾人は、その中で遙の幻を見た。それに導かれるように、彼は1人の女性、紫東 遙と出会う…そこから、何かが再び動き出す。
(wikipediaより)
今日はノーベル賞といい、B-CAS廃止といい、重要なニュースが多すぎます。

中でも、緒方拳さんが亡くなったのはかなり大きい。
NHKのドキュメンタリーはあの人のおかげで見てたといっても過言ではない。謹んでご冥福をお祈りします。

TVで特集とかするのかな?
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]