忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピン=弾
アメリカがコソボを爆撃した一時間後に、コロラド州のある高校で銃乱射事件が起きた・・・。
コロンバイン高校銃乱射事件を題材に、銃社会の問題点、
そして、日本やカナダといった近隣諸国と比較したアメリカの異常な姿について、マイケル・ムーアが深く切り込むドキュメンタリー映画。


華氏911で御馴染みマイケル・ムーア(以下MM)監督のアメリカ銃社会について深く追求したドキュメンタリー映画だ。

テレビでなら今や当たり前と言われるほどやってるドキュメンタリーだが、映画となると途端に我々日本人には馴染みが薄くなる。
かくいう私もドキュメンタリー映画とかさっぱりで、この映画が多分始めての視聴になるのではないかなぁ?

この映画の題材となっているコロンバイン銃乱射事件は、同名高校に銃を持った二人の少年が、生徒達を次々射殺し、最後には自ら命を絶ったという話。この事件、昔ニュース?(世界まる見えかも)で見た記憶がある。この映画と同じ映像が数点使われてたのを記憶している。
この事件の犯人は、2時間前ボウリングをプレイしていて、そのボウリングのピンは銃射撃訓練の際に人に似ているため的として使用されていることから、この題名が付いた。(マンソンの影響は問題視されるのに、ボウリングの影響は問題視されないと言う皮肉も)

MMは犯人が影響を受けていたと言われている(後に否定)マリリン・マンソン、同州出身のサウスパークの作者マット、NRAの会長チャールトンなどにインタビューし、この事件の、そしてアメリカ社会の問題を取り上げている。
中でも、アメリカ経済はメディアが恐怖を国民に与え、それを利用して給与を得ているという点は、今の日本経済にも同じことを感じる。
そういえば、日本でも最近銃乱射事件が起きたな・・・。
年々、アメリカ化が進行しているのだろうか?

また、この銃事件が一時間前に起きたアメリカのコソボ爆撃の隠れ蓑になったといった意見、そして後のKマートの銃弾販売の廃止事件よりガラガラ蛇に噛まれたくだらないニュースを優先させた放送から、アメリカという国に疑問を感じる。

最後の、NRA会長の家の前に6歳同士の銃事件で死んだ子の写真を置いたのは、何か「いい映像が取れた~」見たいな雰囲気がして、何か白けた。
ドキュメンタリー映画の最後ってこんな感じなのかな?

見慣れていないもので、今回は幼稚臭い感想文になったかもしれない。
いつもだって?すみません(゚皿゚)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]