忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

炎のゴブレット
世界の三大魔法学校が魔力を競い合う伝説のイベント"三大魔法学校対抗試合"の開催が決定した。"炎のゴブレット"が各校の代表選手を選び出す中、立候補すらしていないハリー・ポッターがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。かくしてハリーは、ドラゴン、水魔、心を惑わす生きた迷宮などの試練に挑み、その裏に潜むヴォルデモートの存在を感じながら、やがて自らの因縁と対峙していくのだった。
(Amazon.co.jpより)

ハリーポッター4章の映画化。
原作のあの糞長ったらしい、クディッチワールドカップまでのプロローグを短縮。さらにドビーのキャラ、リータ・スキーターのエピソードをほぼマルマル削除する(あのシリウスでさえ暖炉のみの登場だったのには驚き。ゲイリー・オールドマンの無駄遣い)、以外はほぼ原作どおりに話が進み、前作などに比べ原作読んでねーとチンプンカンプンなんてコトは少なくなったと思う。

ただ、ラストのハーマイオニーがハリーにキスするシーン、クラウチジュニアのデスイーターに魂吸い取られるシーンといった、ラストの見せ場が一部削除されていてラストはなんとも味気ない気がしてきた。

ヴォルデモート卿もなんで、原作の一人称を採用するかなぁ?
俺様はやっぱりあわんよ、これが合うのはジャイアン様だけ。
ベスト俺様賞を挙げたい
あれじゃ、ただの変態だ。どんどん章が進むに連れカリスマ度が下がっていくな、俺様は。

今回も、映像技術はすごいなぁと思う。
特にドラゴンとの追いかけっこはよく出来てたと思う。
見せ方も上手かったし。
モンスターハンター

今回もハーたんは可愛かった。賢者の石から不死鳥までではこの作品が一番かわいいと思われる。
願わくば、エマ・ワトソンには是非ハリーポッターシリーズ以外の映画にも出て欲しいもの。
脚本家はハリー×ハー派なのか?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]