忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンズラビリンス

スペイン内戦真っ只中、オフェリアは辺境の山奥でゲリラ狩りを行う新しい父親の元に連れて来られた。
残酷なまでに厳格な大尉、そして病に犯された母親といった悲しい現実に打ちひしがれたオフェリアは幻想だけが慰めだった。
ある晩、妖精に導かれて、森の迷宮に誘い込まれたその先に居たのは一人の牧羊神(パン)であった。
そして彼女を一目見るなり「あなたこそは地底の王国の姫君だ」と言うのであった。

かつて、このような話があった

-むかしむかし、地底の世界に病気も苦しみもない王国がありました。その国には美しい王女様がおりました。王女様はそよ風と日の光、そして青い空をいつも夢見ていました。ある日、王女様はお城をこっそり抜け出して人間の世界へ行きました。ところが明るい太陽の光を浴びたとたん、彼女は自分が誰なのか、どこから来たのかも忘れてしまったのです。地底の王国の王女様はその時から寒さや痛みや苦しみを感じるようになり…、とうとう彼女は死んでしまいました。姫を亡くした王様は悲しみましたが、いつか王女の魂が戻ってくる事を知っていました。そしてその日が来る事をいつまでも、いつまでも待っているのでした。 -


彼女は非常で残酷な現実から逃げ延びる為、3つの試練を受ける。

劇場に身に来たちびっ子どもを恐怖のどん底に叩き落したらしいパンズ・ラビリンス。
確かに、かわいい使い魔従えて杖を振る、もしくは王国再建のために戦う某映画のようなものを見ようとしたのなら手痛いしっぺ返しを食らうこと間違いなしのドギツイ暗さ。
そして、これはファンタジーというよりもファンタジー&戦争映画の一度で2度楽しめるような内容であり、その戦争映画の部分が、戦場のピアニストレベルのハードさだから、なおさらたちが悪い。


主人公の母の再婚相手である大尉は、それは絵に描いた職業軍人でゲリラの疑いをかけられた者や戦闘で声が出なくなった部下を容赦なく殺す、ナチス軍人のように非情な男。
大尉は母親のお腹の中の子供にしか興味が無く、オフェリアのことは疎ましく思っており、終いには殺そうとしてくるほど。
ただ、この大尉は父親が死んだ時間を指した時計に異常なまでに執着したりと人間的弱さも描かれてるのがポイント。

そのリアルに対をなすファンシーとは程遠いグロテスクな怪物たちが
折りなすアンリアルな側面が浮いてるかと思えば、そうでもなく、見事に同化していて、むしろ、そのアンリアルさがリアルであるかの思えてくる。

残酷で非情な現実世界から逃避し、希望を思い描いた場所はグロテスクな怪物たちが住まう地下の王国。つらい現実で生きるならば、いっそ化け物どもの王国の姫にでもなったほうがいいという皮肉。
また、自ら、望んで人間になったのにかつて捨てた物に恋い焦がれるのは人魚姫のアンチテーゼだと考える。

最後に彼女が死を持って得た物は果たして本物なのか?
あるいは死の間際に見た儚い幻だったのだろうか?

うわごとのように呟いて血を流している彼女と、姫の地位を得た彼女は果たして同一なのか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
パンズ・ラビリンズ を観た (ヤジャの奇妙な独り言)
スペインとメキシコの合作 「パンズ・ラビリンズ」を観ました 物語の舞台は1944年内戦のス
URL 2008/08/09(Sat)21:30:15
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]