忍者ブログ
雑談、映画、なんでもこい!という凄まじいブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

兄弟

鎖につながれた三人の脱獄犯。彼らは、囚人の一人エヴェレットが捕まる前に埋めたという大金を得るために長い旅に出る。
途中、悪魔に魂を売った黒人ギターリストと小遣い稼ぎにラジオで歌を歌うが、なんとこの曲が馬鹿売れ。全米で大人気になるが、当の本人たちは知るよしもなく、イカレた男の銀行強盗に荷担したり、詐欺師に殴られたりしながら、目的地にたどり着くのだが・・・。
PR
お馬鹿映画

CIAを皮肉るためにこの豪華なメンバーを集めたコーエン兄弟。
知ってますか?コーエン兄弟。あの「ノーカントリー」の監督なんですよ!
だからといって、それ目当てで行くのはお門違い。なぜなら、この映画は余りにもお下品でブラックだから。
ブラビ目当てで行くのも間違いだし、クルーニー目当てで行くのも間違い。ああ、マルコビッチ目当てならあながち間違いじゃないかも・・・。
ということは、マルコビッチの穴好きにはオススメできるということなのか?
コメディ要素はそんなにゲラゲラ笑える物じゃなかったですが、スケベ椅子破壊シーンは飛び出してくる逸物も相まって非常に笑えた。あのクルーニーの必死さがおもしろい。
EDのCIAマンといい、皮肉丸出しな映画ですが、日本人には余りにも飲み込みにくい内容なので万人にはお勧めできない内容です。
レナードの朝

嗜眠性脳炎によって長い間意識を失っていた20人の患者たちに新薬Lドーパミンを投薬し、隠せさせることに成功させるが、彼らが失った30年間はあまりにも残酷だった。そして、次第に薬の効果が薄れていく。
死に向き合うアンは失業ながらも自分を愛してくれる夫ダンと二人の娘に囲まれて貧しくも幸せに生きてきた。しかし、ある日自身が取り返しのつかないガンに侵されていることを知る。
自分の余命を知った彼女は、死ぬまでにしておきたいことをメモ書き記した。
夫以外の男性を夢中にさせること

刑務所にいる父親に会うこと

娘を一杯愛すること

そして、娘たちに新しい母親を作ること・・・・
小泉はあんまり似てないと思うんだ

見て来ました。
相変わらず、キャストが完璧なのはいいんだけど、どうも演出が鼻につくところが多かった。特にオッチョのステンドグラス割って突入するシーンはなんか違うんだよなぁ・・・。無音が長すぎるのか、それとも、その後のカンナをかばうオッチョの腕に力が入ってないせいか。
カンナ役の人も経験が浅いせいか、叫ぶシーンに勢いが足りてないため、いまいちな流れになってるような気がした。

言われていたストーリーの変更は、何かが足りないと思っていたが、「せいぼこうりん」のくだりがなかった訳ね。これがないため、ローマ法王との絡みも変更されてます。同時にともだちの死亡原因も変更。
このせいで、ともだちが神になったくだりの説得力が原作に比べて薄くなった気がする。だから、復活したときのあの盛り上がり方がなんか嘘くさく見えたのかもしれない。

前回、エンドロール中に帰った人が多かったのか、今回は終わった後に予告があることをあらかじめカウントダウンで告知していた。こんな配慮した映画見たことねーよ。DVDでは消されるのか?

次回作は8月29日だそうです。今回は結構待たせるのは期待していいんですね?
おっさんず

ルーペンは悪名高きバンクに、裏切られ寝たきりに。
ダニー・オーシャンは、バンクに報復しようと、彼の運営するカジノホテルに盗みを計画しようとするが・・・。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
TB・コメント・アマゾンで買い物大歓迎。
お気軽にどうぞ。特に報告は入りません。
あと、ランキングのクリックお願いします(゚皿゚)
※記事には一部ネタバレがあります。ご注意を。
プロフィール
HN:
ヘルメス
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
時と場合による
自己紹介:
人畜無害と豪語する全人類の敵。

映画と漫画とアニメと海外ドラマとくりぃむしちゅーが大好きです。
でも、ぞうさんの方がもっと好きです。
最新コメント
(11/30)
(11/30)
(11/13)
(10/31)
(10/14)
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】 相互リンクレーシック

忍者ブログ[PR]